▲久里浜へ向けて最後の自走 [2012-5/金沢文庫]

▲ [2012-5/金沢文庫] ▲ [2012-4/品川]


◇           ◇
←浦賀/羽田空港 デハ2411 デハ2412 サハ2413 デハ2414
M1c M2 T M3c
[※]側窓 山側 未 調 査(全C?)
海側
[※]クーラー CU-71E-G1●
側灯/転落防止幌 [側灯]電球2灯 [転落防止幌]新タイプ
最終所属/運用最終日  [最終所属]金沢検車区 [運用最終日]2012年5月3日
製造/格下げ  [製造]1985年/東急車輛 [3扉化]1998年
その他  側面の車番の取り付け位置が他編成と真逆の位置になっていました。 【※参考画像@】
 この位置に設置されているのはこの編成のみなので、3扉化の際の取り付けミスかと思われます。
 2010年頃から廃車まで2414号車の乗務員室後部にてLED照明の搭載試験が行われていました。 【※参考画像A】
 1日限りで大師線で営業運転を行った実績があります。また、2441編成と共にすれ違い試運転も行っています。
 当編成が入線した2010年以降5年間、大師線での2000形の運行は一切行われませんでした。
 2012年5月、2421編成/2431編成と共に2000形で初の廃車となっています。
 最終日の運用は33(2)→回24でした。
 廃車発生品のクーラーが825編成の中間4両に流用されています。