▲前面表示がLED化された現在の姿 [2014-12/上大岡]

▲ [2012-8/京急富岡] ▲未更新時代
[2010-12/能見台〜金沢文庫]


◇    ◇
←浦賀/羽田空港 デハ605-1 デハ605-2 サハ605-3 サハ605-4 デハ605-5 デハ605-6 デハ605-7 デハ605-8
M1c M2 Tu Ts M1' M2' M1 M2c
側窓 山側 全 A AAADAA ADADAD DAADDA AADADD DAADDA 全 @
海側
[※]クーラー CU-71F-G2
主制御器 東洋GTO-VVVF(1C8M/120kW)
転落防止幌/尾灯 [転落防止幌]旧タイプ [尾灯]黒タイプ
所属  車両管理区
製造/更新  [製造]1995年/東急車輛・川崎重工 [更新]2011年
その他  未更新時代にドア上LCDが設置された唯一の編成です。
 尾灯が他編成に比べて黒いものになっています(606編成と同様)。
 更新出場時にはスカートが濃いグレーになっていましたが、2014年9月の重検で通常の色になっています。
 6051号車に古いタイプの架線計測装置の台座が取り付けられています。過去に営業列車で架線計測を行うことがありました。
 現在は655編成に新しいものが取り付けられたため、今後使われることはないと思われます。
 しかし2014年9月の重検出場時以降も台座はそのまま残っています。