▲リバイバル塗装編成 [2019-3/屏風浦]

▲CU-71DN搭載時代
[2012-3/京急富岡]
▲CU-71DN搭載前
[2011-3/金沢八景]


◇      ◇ ◇      ◇
←浦賀/羽田空港 デハ823-1 デハ823-2 デハ823-3 デハ823-4 デハ823-5 デハ823-6
M1c M2 M3 M1 M2 M3c
[※]側窓/妻窓 山側 全 F E-F-F-F-F-F 全 F
海側 全 F
[※]クーラー/個体番号 RPU-2209D×4 EG-46/山 EG-47/山 EG-48/山 EG-49/山 RPU-2209D×4
CU-71E-G1●
側灯/転落防止幌 [側灯]電球2灯 [転落防止幌]新タイプ
最終所属/運用最終日  [最終所属]金沢検車区
 [営業運用最終日]2019年6月14日 [稼働最終日]2019年6月16日
製造/更新  [製造]1981・1982年/川崎重工 [更新]2001年
検査履歴  [全検]2016年11月
その他  中期車に分類されます。
 最終更新車のため、車内の車番がプレートではなくステッカーになっています。
 8236号車のコンプレッサーがC-2000Lに交換されています。
 2011年7月から2012年6月まで8232号車にCU-71DN●が搭載されていました。 【※参考画像】
 2012年6月、クーラーが2段階にわたって2421編成の廃車発生品と思われるものに交換されています。
 2013年4月の重検出場時にエアポート急行幕が搭載されています。
 2016年11月の全検出場時に、デビュー当時の窓周り白塗装になって出場しました。
 通常塗装827編成の廃車後、リバイバル塗装の当編成が最後の1本となりました。
 2019年6月14日、1667編成と入れ替わりで1719列車をもって営業運転から離脱しました。最終日の運用は19でした。
 2日後の16日にヘッドマークを掲げ特別貸切列車「ありがとう800形」が運転されました。
 これをもって800形は全編成が引退となりました。