▲クーラーがCU-71E-G1に載せ替えられた現在の姿 [2012-8/能見台]

▲ [2012-4/能見台] ▲ [2012-3/金沢八景]


◇       ◇ ◇       ◇
←浦賀/羽田空港 デハ825-1 デハ825-2 デハ825-3 デハ825-4 デハ825-5 デハ825-6
M1c M2 M3 M1 M2 M3c
[※]側窓/妻窓 山側 全 F 全 I 全 F
海側
[※]クーラー/個体番号 RPU-2209D×4 EG-28/山 EG-26/山 EG-27/山 EG-25/山 RPU-2209D×4
CU-71E-G1●
側灯/転落防止幌 [側灯]電球2灯 [転落防止幌]新タイプ
所属  金沢検車区
製造/更新  [製造]1981年/川崎重工・1986年/東急車輛 [更新]2000年
検査履歴  [全検]2016年7月
その他  8253〜8255号車は後期車、その他は中期車に分類されます。
 中期車と後期車の混結編成は当編成のみになっています。
 8256号車のコンプレッサーが未だに交換されずに原形のままになっています。
 そのため8253号車がC-2000L、8256号車がC-2000Mという珍しい形態になっています。
 2012年7月の重検出場時からクーラーが2411編成の廃車発生品に交換されています。
 また同時にエアポート急行幕を搭載しています。