資料室>>相鉄7000系車両別形態

▲7000系 - 7707×8

▲モヤ700系
 
▽形態差
 <屋根のバリエーション>
 ・屋根材の差異
 貼り屋根/塗り屋根が混在しています。
 製造時期に由来するものではなく、後年一部の車両が塗り屋根に変えられたようです。
 ・避雷器の差異
 製造時は角型の避雷器を搭載していましたが、一部の車両で交換が行われています。
 国電に似たものを「丸型初期」、8000系や9000系で使用されているものを「丸型後期」としました。
 余談ですが7715×8・7751×10は丸型初期、7753×10以降は丸型後期タイプの避雷器です。
 ・ランボードの差異
 1982年までに製造された車両はランボードが屋根と一体で小さくなっています。
 1983年以降に製造された車両はクーラー横・パンタ横ともに別体化され大型化しています。

 <車内のバリエーション>
 ・貫通扉の差異
 基本的にM1車の海老名寄、T車の横浜寄に設置されています。
 初期製造車は設置されていないようで、現存する最若番M1車、モハ7107にはありません。
 一部の扉ゴムに白ゴムが残っています。
 ・自動窓スイッチの差異
 通常の自動窓スイッチは8000系や9000系でも見られる、無地の緑ボタンで横に黒い矢印が印字されているタイプです。
 1980〜1982年製造車は、緑のボタンに白い矢印が印字されたタイプになっています。
 例外として、1979年製造のモハ7123のみこのタイプが使用されています。
 1977年までに製造された初期車は設置位置が上寄りで、扇風機スイッチとの上下位置が異なります。
 ・扇風機の差異
 扇風機の形状/色が2種類存在します。
 1977年までに製造された車両は緑でアームが丸いもの、それ以降の車両はベージュでアームが角ばっているようです(要調査)。
 ・扇風機上通気口の差異
 1976年に製造された車両は全ての扇風機上に通気口がついており、小さい穴がたくさん空いています(「小」表記)。
 また、1977年に製造された車両は通気口の数は変わらないものの、穴が大きく、開閉できるタイプに変わりました(「大」表記)。
 1978年以降に製造された車両は通気口の数が大幅に減らされ、ベンチレーター下のみ通気口が存在します(例外あり)。
 そのうち画像を用意します。
 ・乗務員室仕切りに存在する扇風機の有無
 撤去が進んでいます。スイッチは残されています。

▽編成表
【7707×8】 Tc2 M1 M2 Tc1 T M1 M2 Tc1
7707 7131 7132 7513 7605 7123 7124 7508
製造年 1979年 1982年 1982年 1982年 1985年 1979年 1979年 1979年
屋根 貼り屋根 塗り屋根 貼り屋根
避雷器/ランボード 角型 角型 ランボード大 角型 丸型後期
貫通扉 海(白ゴム) 横浜寄 海老名寄
自動窓スイッチ 標準 矢印 矢印 矢印 標準 ※1 矢印 ※1 標準 標準
扇風機上通気口 大×2 大×2 ※2 大×2 大×2 大×2 大×2 大×2 大×2
乗務員室仕切扇風機 撤去 残存 残存
その他  ※1 モハユニットにも関わらずドアボタンが混在 試験使用?
 ※2 海老名寄に2個連続で通気口設置 取り付けミス?

【7710×8】 Tc2 M1 M2 Tc1 T M1 M2 Tc1
7710 7125 7126 7505 7602 7107 7108 7509
製造年 1980年 1980年 1980年 1977年 1983年 1976年 1976年 1979年
屋根 貼り屋根 塗り屋根 貼り屋根
避雷器/ランボード 角型 角型 ランボード大 角型 丸型初期
貫通扉 海(白ゴム) 横浜寄 ※1 −
自動窓スイッチ 矢印 矢印 矢印 ※2 標準 矢印 ※2 標準 ※2 標準 標準
扇風機上通気口 大×2 大×2 大×2 大×5 大×2 小×6 小×6 大×2
乗務員室仕切扇風機 撤去 撤去 撤去
その他  ※1 本来であれば海老名寄に貫通扉があるが初期車のためなし
 ※2 初期車のため自動窓スイッチの設置位置が高く、扇風機スイッチの上に設置されている
 サハ7505の乗務員室に繋がる冷風ダクトが後期車と比べて左右逆になっている

【7712×8】 Tc2 M1 M2 T Tc2 M1 M2 Tc1
7712 7129 7130 7607 7703 7127 7128 7511
製造年 1982年 1982年 1982年 1985年 1976年 1980年 1980年 1980年
屋根 貼り屋根 塗り屋根 貼り屋根
避雷器/ランボード 角型 角型 ランボード大 角型 角型
貫通扉 海老名寄 横浜寄 海(白ゴム)
自動窓スイッチ 矢印 矢印 矢印 標準 ※1 標準 矢印 矢印 矢印
扇風機上通気口 大×2 大×2 大×2 大×2 小×5 大×2 大×2 大×2
乗務員室仕切扇風機 撤去 残存 撤去
その他  ※1 初期車のため自動窓スイッチの設置位置が高く、扇風機スイッチの上に設置されている
 サハ7703の乗務員室に繋がる冷風ダクトが後期車と比べて左右逆になっている

【厚木休車群】 Mc1 M2 Tc1 T
7006 7144 7512 7601
製造年 1985年 1985年 1986年 未調査
クーラー ステンレス旧型 ステンレス旧型 ステンレス旧型 鋼製
屋根 貼り屋根 塗り屋根 貼り屋根
避雷器/ランボード 角型/ランボード大 角型/ランボード大

◇       ◇
【モヤ700系】 Mc1 Mc2 Mc1 Mc2
701(7002) 702(7136) 703(7001) 704(7134)
製造年 未調査 未調査
クーラー ステンレス旧型 ステンレス旧型 鋼製 ステンレス旧型
屋根 塗り屋根
避雷器/ランボード 角型/ランボード大 角型/ランボード大 角型/ランボード大 角型/ランボード大

【おまけ 7713×10】 Tc2 M1 M2 M1 M2 Tc1 Tc2 M1 M2 Tc1
7713 7149 7150 7151 7152 7514 7714 7153 7154 7515
製造年 1986年
屋根 貼り屋根
避雷器 角型 角型 角型 角型 角型 角型
扇風機上通気口 大×2
その他  ランボードは全車大型

- Copyright© 3SH. All rights reserved. -